実技研修を行う

実技研修はよりスキルが向上しやすい

従業員の育成のためには定期的に研修を行う必要がありますが、講義だけでなくて実技研修も取り入れるようにします。実技研修の大きなメリットは、講義だけの研修よりもスキルが向上しやすいという事です。講義だけの研修は、たしかに知識を身に付ける事は可能ですが、知識が身に付いたからといって研修を受けた人全員がそれを仕事に活かせるかは未知数です。
しかし、実技研修を行うと、どのようにしたら学んだ知識を仕事に活かすことが出来るのかを理解することが出来ます。実技は実際の仕事を想定して行われる事が多いので、従業員が仕事をスムーズにこなす事が出来るようになる可能性が高いです。実技研修を取り入れるか取り入れないかで大きく従業員の育成に差が出てくる事を理解します。

実技テストを行う事も大事

実技研修を行うことによって、従業員のスキルが向上しやすいですが、ただ実技研修を行うだけでなくて、最後にテストを実施することが大事です。例えば飲食業で、お客様に対する接客の実技研修を行ったら、従業員が本当に研修内容を理解しているのかを試すために、実際の仕事を想定した接客の実技テストを行います。
そうする事で、研修内容を従業員が理解してそれを仕事に活かすことが出来るのかを確かめる事が出来ます。研修を行う時に大事なことは、どれだけ従業員が身に付けた事を理解して実行出来るかになります。研修を行っても仕事に活かすことが出来なければあまり研修の意味がないという事です。最後にテストを行うことによって、従業員が真剣に研修を受けてくれる可能性が高くなり、質が高い研修になります。

身になる接客マナーの研修はロールプレイが多く、講師に十分な接客経験があることです。いろいろなシーンを体験することが重要です。