役職者向けの研修を行う

部下の指導に不可欠な習得させるには

部長や課長などの役職者向けの研修を強化している民間企業の数は年々増加していますが、部下の指導を適切に行わせるために、意義のある研修を計画することが大切です。特に、仕事上のコーチングの技術については、すぐに身に着けることが難しいため、数年間にわたって継続して研修の機会を設けることがポイントです。また、専門性の高い職種で役職者として働くためには、部下の教育だけでなく、自分自身のスキルを高めることも重要となります。そこで、人事担当者がリーダーシップを取って社内でスキルの向上につながる研修を行うために、同業他社の研修の実施状況をチェックしたり、社員研修を専門に扱う業者にサポートを依頼したりすることで、役立つ知識を身に着けることが大事です。

中途採用の役職者が多い場合の研修のポイント

中途採用の役職者を対象に研修を行いたい場合には、過去の実務経験や能力を職場内で生かせるように研修プログラムを作ることが大事です。最近では、人材不足や事業拡大などの影響により、外部から優秀な経験者を積極的に採用している企業が珍しくありませんが、新しい仕事で歯科を発揮してもらうためには、充実した研修を定期的に行うことが何よりも大切です。また、研修を通じて社内の同じような立場の人とコミュニケーションが取れるように工夫をしたり、受け身にならないような研修のテーマを取り入れたりすると良いでしょう。その他、研修の予算に余裕がある場合には、特定のジャンルの経験が豊富な講師を招くことで、効率よく重要なポイントを学ばせることも可能です。

接客のセミナーはチェーンの飲食店のマネージャーなどの上層部の人が受けることが多く、学んだことを経営に生かすことが一般的です。