時間をかけることで質の高い研修を行う

時間を与えて考えさせよう

人材育成研修は日常的に行っている忙しい業務の中に詰め込むようにして実施することがよくあります。時間があまり確保できず、短時間で何とか効果が上がる内容にできないかと苦心することも珍しくありません。しかし、効果測定をしてみるとあまり成果が上がっていないとわかり、さらには社員からの評判も良くないというケースはしばしばあります。この際に重要なのが研修の時間を十分に確保することです。日常業務から一度離れて、研修に落ち着いて参加できる状況を整えると社員も身を入れて研修に臨めます。主体的に研修を受けられるようになると、一つ一つの内容についてよく考える余裕が生まれます。それを促せるように時間も十分に確保することが肝心です。

現場に合わせて研修をしよう

日常業務を止めて十分な時間を確保し、人材育成研修を実施するのは難しい場合もあるでしょう。必ずしも全員同時に研修を行う必要はないので、現場に合わせて適切なスケジュールを立てて研修を行うのが大切です。同じ職種の1/3ずつ、それぞれ丸一日かけて三日間で研修をするといった方法が考えられるでしょう。あるいは派遣社員などを雇えば人材不足を賄える場合や、一日や二日なら全員が業務を停止させても問題ない場合にはもっと多くの人材を同時に研修に向かわせることが可能です。丸一日という単位で研修を実施すれば日常業務を忘れて研修に集中できるようになります。現場によってどうすればそのようなスケジュールにできるかは違うので、よく考えて効果的な研修を実現できるようにしましょう。

接客業などへ就職が決まった際、多くの場合は接客の研修を受けますよね。この研修ではお客様への接し方だけでなく、社会人としてのマナーや常識など幅広く身につける事ができるので、人生において貴重な経験です。