新人研修を行う

新人研修に適したテーマを選ぶポイント

新人研修を成功させるためには、一人ひとりの社員が興味を持ちやすいテーマを選択することが何よりも大切です。例えば、経営方針や就業規則などの社員として欠かせないことばかりでなく、ビジネスマナーや語学などの実用性のあるテーマを積極的に取り入れることで、研修を意義のあるものとすることができます。また、人事の担当者だけで研修のテーマを考えるのではなく、色々な職種の管理職や現場の社員にヒアリングを行うことも大切です。最近では、同業他社の新人研修を参考にする企業も増えており、少しでも研修の内容を充実させるうえで、ビジネス誌や各社のウェブサイトなどを参考にしながら、教育効果の高い研修の特徴についてじっくりと理解を深めることが重要です。

外部の講師に研修を任せるには

メリハリをつけて新人研修を実施するにあたり、様々な経験や能力を持つ外部の講師に研修を担当してもらうことも大切です。特に、ビジネスや環境保護、福祉などの分野に特化した講師については、業態や職種を問わず、多くの人材育成に力を入れている企業の間でニーズが高まっています。また、外部の講師を依頼する際に掛かるコストは、それぞれの講師のキャリアや過去の研修の実績などに大きく左右されるため、早いうちから講師の選び方について社内で話し合いを始めると良いでしょう。なお、最近では効果のある研修を行うにあたって、プロの研修会社を利用する企業も少なくなく、それぞれの研修のテーマに応じて適切な講師を派遣してもらうことも可能です。

人材育成の研修や教育研修のためのプログラムを受けると、社員が成長していくためのステップを踏むことができます。